こも旅。

20代バックパッカーの旅記録とトラベルハック

【シンガポール・グルメ】地元民が愛する人気店はここ!美食の国の絶品点心レストランとホーカーズグルメを紹介!

f:id:nocatch23:20190717134627j:plain

 

多民族国家シンガポール。中華系、マレー系、インド系と多様な食文化が交わるグルメ大国でもあります。

 

シンガポールに来たからにはご飯も満喫したいところ。

そこで今回は、シンガポール在住の友人に案内してもらった、地元の人がこぞって通う人気レストランと、ホーカーズのおすすめローカルグルメをご紹介します。

 

 

地元民に大人気の点心レストラン 瑞春(Swee Choon Tim Sum Restaurant)

f:id:nocatch23:20200211111641j:plain

 

リトルインディアの一角に位置するこちらのお店。ランチもディナーも朝まで賑わい、シンガポール人に「SweeChoon(スウィチューン)」と言えば知らない人はいないほどの人気店です。

 

18:00頃のオープンに合わせて来店。しかし席について15分もしないうちにほぼ満席。。普通は整理券を取って並ぶのが当たり前らしい。恐るべし。

 

注文は、紙のメニューに鉛筆でチェックを入れて店員さんに渡す飲茶・点心レストランスタイル。

f:id:nocatch23:20200211112203j:plain

 

色々注文すると、次から次へとテーブルに並んでいきます。笑

f:id:nocatch23:20190714150648j:plain

 

白いお饅頭は「Salted Egg Pao」

一口かじると黄身と混ざったカスタードがとろけてきてたまらない。塩っ気とのバランスも絶妙。周りのお客さんもみんな頼んでいたので定番メニューみたい!

 

麺料理に見えるのは「Shredded Dried Beancurd Parsley」

「乾燥させた豆腐のごま油あえ」ヘルシーで軽いおつまみに最適です。

 

左の鶏料理は「Drunken Chicken」

酔っ払った鶏の名の通り、鶏肉を丸々一羽お酒に漬け込んで煮ることからこの名前がついたそう。骨つきなので豪快にかぶりつくと肉汁とお酒の香りが口の中に広がる一品。

 

小籠包ももちろん絶品で、注意してゆっくりかじらないとびっくりするほど

肉汁が飛び散るので要注意。笑

 

他にもご飯ものから炒めものまでメニューも豊富で、サービスも早いし、

結局2人で10品くらい頼んで、ドリンク込みで1人約20$(約1800円)!

安くて美味しくてコスパも抜群で大満足でした。

 

日本の居酒屋のように何品も頼んでシェアする楽しみ方と

すぐに席につけるようなるべく開店時間ぴったりに足を運ぶのがポイントです。

 

瑞春 SWEE CHOON TIM SUM RESTAURANT

【営業時間】 

平日・土曜 11:00-14:30 18:00-6:00

日曜・祝日 10:00-15:00 18:00-6:00

【住所】

183/185/187/189/191/193

Jalan Besar Singapore 208882

【HP】

http://www.sweechoon.com

 

シンガポールの定番朝ごはん カヤトースト 

f:id:nocatch23:20190714163055j:plain

 

「カヤ」とはココナッツミルクに卵や砂糖、香草を混ぜて作られたジャムの1種。これがサクサクのトーストにふんだんに塗りこまれ、サンドされたローカルフードがこのカヤトースト。シンガポールの朝ごはんの定番メニューです。

 

近くのホーカーズに足を運べば大抵どこでも目にすることができます。

 

基本的に卵とコーヒーがセットになっているのが特徴。

ゆで卵かと思い割ってみると実は半熟卵!醤油と塩コショウでずるっと食べるもよし、黄身を溶いてカヤトーストを浸して食べるもよし。

 

コーヒーはコンデンスミルクたっぷり。シンガポールに限らずもはや東南アジアあるあるの激甘テイスト。笑 良くも悪くも「ああ、東南アジア来たなあ」としみじみ。

 

トラディショナルな昔からの定番朝ごはんを楽しみたい!という方はトライ必至。糖分とタンパク質たっぷりで朝から元気に過ごせること間違いなし!(投げやり)

 

 BBQ スティングレー(エイのスパイシー炙り焼き)

 

続いてシンガポールのフードコート、通称ホーカーズで頂いた屋台メシをご紹介します。

BBQスティングレーはエイの白身をサンバルというチリベースのソースで味付けし、じっくり焼いた海鮮料理。日本ではエイはあまり馴染みがないということもあって興味深々で挑戦。

 

f:id:nocatch23:20200211113626j:plain


食べ初めは小骨が多く食べづらい印象。ただ味自体は、しっとりした甘味のある白身が口の中でほどけると同時に絞ったライムの爽やかな香りが立ち、そして旨辛スパイスが舌と食欲を刺激して気づけば箸が止まらない美味しさ!!!

 

ハウティエン(オイスターオムレツ)

写真右の卵料理は中国名でハウティエン(虫毛煎)と呼びます。牡蠣を野菜と一緒に卵でふわっととじたオムレツ。

 

箸を入れると一気に湯気が立ち、アツアツのうちに頬張る。牡蠣の旨味が卵全体に染み渡っていて言うまでもなく美味しさです。

 

ホーカーズの熱気に包まれアツアツの料理に舌鼓を打ち、汗ばみながらも冷たいビールを流し込む。。ああ、思い出すだけでたまらない。。

 

シンガポールのホーカーズへ行かれた際にはぜひお試しあれ!

もちろんホーカーズに足を運べば何を食べようか迷ってしまうほど他にも絶品グルメが満載です。

 

まとめ:

  • メニューが豊富でコスパ抜群な瑞春SweeChoonは何種類もシェアする頼み方が基本!
  • 毎日ピーク時は満席なので開店時間と同時に行くのがおすすめ
  • ホーカーズは朝から晩までローカルフードが勢ぞろい

 

いかがでしたか?

是非シンガポールに行かれる際は現地グルメを満喫する参考にしてみてください。