こも旅。

20代バックパッカーの旅記録とトラベルハック

ベトナムのビーチリゾート、ニャチャンののんびり旅行記!おすすめ観光スポットと安くて美味しいグルメを一挙ご紹介!

 

f:id:nocatch23:20190822170413j:plain

 

マリンブルーが広がる海、長く続く白い砂浜、ヤシの木を揺らす気持ちいい潮風。

1年を通して南国気分が味わえるビーチは、今も変わらず世界の旅行客を魅了する旅先であり続けています。

 

今回はベトナム南部に位置する、近年人気急上昇中のビーチリゾート、ニャチャン旅行に役立つおすすめスポットと、安くて美味しいローカルグルメをご紹介します!

 

 

 

ニャチャンとは?

ニャチャンはホーチミン市から北東へ約430km進んだところに位置する、南シナ海に面した小さな町です。今やダナンと並ぶベトナム屈指のビーチリゾート。昔フランス領だった頃からリゾート地として発展してきましたが、近年はロシアを含めた欧米人やアジア人を中心に、さらに観光客から注目を集めるようになっています。

 

 

ニャチャンの良いところはまず気候が素晴らしい点。東南アジアの他の都市と比べると蒸し暑く厳しい暑さではなく、カラッとした天気の下で潮風を感じて本当に気持ち良く滞在することができます。

 

また、海沿いにはホテルや外国人向けのレストランが立ち並び、バカンス気分も味わえるのですが、ニャチャンでは地元の人も早朝と夕暮れにビーチに集い、泳いだり、運動したりお酒を飲んだり、町全体がどこかのんびりした空気が流れています。

時間がゆっくり流れていくような感覚と、長くいるほど町に溶け込んでいけるようなリラックスした雰囲気が味わえるのがニャチャンならではのポイントです!

 

ニャチャン旅のおすすめスポット

それではここからは、そんなニャチャンで訪れるべきおすすめスポットをまとめてお伝えします。

 

地元の人も大好き!澄み渡る海に癒されるニャチャンビーチ 

 

f:id:nocatch23:20190821191033j:plain

 

まずニャチャンといえば、5kmにも及ぶ美しいニャチャンビーチ。

海は足元が見えるほどの綺麗さに加え、波はとても穏やか。ゆっくりと海に浸かるにはうってつけ!遊歩道を散歩するだけでも気持ちいいんですよ!

 

f:id:nocatch23:20190822173219j:plain

 

可愛いパラソルの下で一息つくのもあり。

 

f:id:nocatch23:20190822170312j:plain

 

東の海岸沿いなので朝日を眺め、格別な気分に浸るのもおすすめ!

朝5時半なのですが地元の人たちはすでに海に入っています。笑

こうして仕事や学校に向かう前に毎朝海で過ごすのを日課にしている人も多いんです。

 

自然が生み出した奇跡!必見の落ちそうで落ちない岩

 

f:id:nocatch23:20190821191012j:image

 

続いては、こちらのホンチョン岬。岩と岩に挟まったままの岩が有名な写真スポットとなっています。市街地中心から車で北へ10分ほどの場所に位置しています。

 

f:id:nocatch23:20190821191020j:image

 

大波で運ばれてきた岩が、潮が引いた時にこの間に挟まってしまったままと言われています。自然の力に感動しながら何枚も写真を撮ってしまいそうです。 

 

f:id:nocatch23:20190821190956j:plain

 

岩場が広がっているのでビーチとはまた違った風景が楽しめます。

安全のため、滑りやすいサンダルなどで行くのは控えましょう。

 

 

丘にそびえ立つ荘厳なゴシック様式!ニャチャン大聖堂

 

f:id:nocatch23:20190822173411j:plain

 

ニャチャン大聖堂。1934年に建てられた教会です。市街地を見下ろすゴシック様式の建築が厳かな雰囲気を醸し出しています。

仏教国のイメージが強いベトナムですが、実は東南アジアの国ではフィリピンに次ぎ、2番目にクリスチャンが多い国なんです。

 

f:id:nocatch23:20190822165551j:plain

 

運が良ければ中まで入ることもでき、色鮮やかなステンドグラスに見とれてしまいます。これを一目見ようと訪れる観光客が多いようです。

 

 

庶民の生活を支える巨大市場!ダム市場

 

f:id:nocatch23:20190823140042j:plain

 

ベトナムなど東南アジアといえば活気があり騒然としたマーケットも思い浮かべますが、ニャチャンにも地元の人の生活を支える大きな市場があります。その名もダム市場。

 

ベトナムの市場は円形のドーム状のような作りになっていることが多く、ここも例外ではありません。服、土産雑貨、バッグ、日用品、食料品などありとあらゆるものが並んでいるのでお気に入りの掘り出し物を求めてゆっくりと1周して見ると良いでしょう。

 

値段は店員さんの気分や皆さんの交渉次第なので、熱量ある店員さんとコミュニケーションを図ってみるのも一つの楽しみ方です。

 

f:id:nocatch23:20190821191626j:image

 

中にはお昼寝中の店主がいるのもご愛嬌。 

 

 

ニャチャン旅のおすすめグルメ

ベトナムに来たからには安くて美味しいグルメも思う存分楽しみたいですよね。

ここニャチャンではフォーやバインミーなどが堪能できる屋台スタンドもあちこちにある他、海に面しているだけあって新鮮なシーフードが頂けることでも有名なんです!

 

f:id:nocatch23:20190821190930j:image

 

店前に水槽を置き、好きなものを好きな調理法で選べるスタイルのレストラン。

 

f:id:nocatch23:20190822172826j:plain

 

レモンを搾って頂くグリルドシュリンプと貝と野菜の旨味が凝縮されたスープを注文してみました。

 

このようなスタイルのレストランは町の至る所で目にすることができます。

自分の目で直接選んだお気に入りの食材を「焼き」「揚げ」「茹で」「蒸し」からお好みの調理法で楽しめるのが何よりの醍醐味です。

 

 

ここからはニャチャンでおすすめできるグルメスポットをご紹介していきます。

 

ここでは、外国人観光客向けのお洒落なバー・レストランではなく、地元民が足を運ぶようなローカルな屋台・レストランに絞ってご紹介します。

 

  • 現地価格で安く美味しい料理を食べたい!
  • ディープでローカルな雰囲気を味わいたい!
  • 観光客にはあまり知られていない穴場スポットに行きたい!

 

という方にこそおすすめできる内容になっています。

 

知る人ぞ知る名店!コスパ抜群の貝専門レストラン

 

f:id:nocatch23:20190822172142j:plain

 

一番のおすすめはこちらのレストラン(Snails 24 Bistro / Quán Ốc 24)

 

観光客で賑やかなエリアから離れて住宅街を5分ほど歩いたところに位置しています。

このレストランの特徴は何と言っても、貝料理のみを激安価格で提供している点!

シーフードの中でも10種類以上の貝を扱う貝専門レストランなんです。

 

閉店間際まで地元のベトナム人で賑わっており、立地的に観光客にはほぼ知られておらず、まさに知る人ぞ知る穴場スポット。

 

注文方法は章の冒頭で紹介した通り。

 

  1. 店に着くと水槽前に案内される
  2. 好きな貝を指差して調理法や値段を確認
  3. 席について待つ

 

以上です。

 

2度訪問し、貝の種類を変えながらそれぞれガーリック焼きナッツ添え+スープを注文しましたがどれも絶品!

 

f:id:nocatch23:20190821190926j:image

 

1枚目の写真はビール込みで1人160000ドン(約800円)

2枚目の写真はビール込みで1人120000ドン(約600円)

 

このボリュームでこの価格とは脱帽です。コスパ抜群!

 

 

ベトナムといえば!チキンたっぷりフォー

 

f:id:nocatch23:20190821190917j:image

 

続いてはこちら。フォーなど麺類を中心に提供している屋台です。

個人的にニャチャンで食べたフォーの中で一番美味しかったのがここでした。

 

チキンもふんだんに乗っており、スープをすすると日本人の口に合う優しい旨味たっぷりの味わいが広がります。

 

標準盛りでお腹いっぱいになりました。

40000ドン(約200円)

 

 

食べ比べしてお気に入りの1本を!バインミー

 

f:id:nocatch23:20190823143730j:plain

 

フランスパンを使ったベトナム版サンドイッチ、バインミー。全国の駅前や屋台で売られているベトナムソウルフードです。

 

切り込みにバターやパテを塗り、野菜、パクチー、肉、魚のすり身などが挟まれており、ニャチャンでも道端のそこかしこでスタンドを見つけることができます。

 

f:id:nocatch23:20190823143802j:plain

 

一口にバインミーと言っても、店によって独自のこだわりや味付けがあり毎回新しい発見ができるのが面白いところ!

 

パンの固さ、パテの種類、魚醤ソースの存在感、肉と野菜の歯ごたえ、、、書き出すときりがありません。

 

なのでお腹と時間が許す限り町中のバインミーを食べ比べて自分のお気に入りのバインミースタンドを見つけることをお勧めします。

 

ちなみに僕は毎回どの店でも「全部のせ」というメニューを頼んで店による違いを楽しんでいました。その店の全ての食材を一度に味わえるからです。

 

注文の際にはただ一言、「サップカム!(thap cam!)」と言ってみてください!

 

そしてニャチャンの滞在中リピーターとなったのがこちらの屋台。

 

f:id:nocatch23:20190823143853j:plain

 

サップカム(全部入り)には店主お手製の卵焼きも入ってボリューム満点!

ふわふわジューシーでピリッと少しだけスパイシーでたまりませんでした。

 

屋台なのでGoogleマップには載っていないのですがピンの位置情報をご参考に。

 

バインミー全部入り:40000ドン(約200円)

 

f:id:nocatch23:20190821191016j:image

 

 

地元の人とモーニングを楽しむ!ベトナムコーヒー

 

f:id:nocatch23:20190822170202j:plain

 

ニャチャンで気軽にベトナムコーヒーが味わえるのがこちらのカフェ。

先ほどご紹介したバインミースタンドのちょうど真向かいにあります。

 

アイスコーヒーを注文すると、氷だけ入った容器と、フィルターがセットされたカップが提供されます。ポタポタとコーヒーが落ちる時間を楽しんだ後は氷を注いで冷やしてから頂きます。

 

このカフェのおすすめポイントは、コーヒーだけ頼んでも何も言わずともフリーでキンキンに冷えたお茶も一緒に出してくれる点。日本では当たり前ですが、日本の外じゃなかなか味わえないホスピタリティです。

 

6時半からオープンしているので、モーニングに利用するもよし、海遊びや観光で疲れた後に一休みするにもよしです。

 

アイスコーヒー:24000ドン(約120円)

 



まとめ

いかがでしたか?

今回はニャチャン旅行で役立つおすすめの観光スポットと、安くて美味しいローカルグルメ(レストラン、屋台、カフェ)をご紹介しました。

 

ニャチャンはバカンス気分を味わいたい人も、ローカルな雰囲気にどっぷり浸かりたい人も楽しめる魅惑のビーチリゾートです。

ぜひ皆さんも思い思いの観光を楽しんで、美味しいご飯を満喫してニャチャンの虜になってください!