こも旅。

20代バックパッカーの旅記録とトラベルハック

旅が劇的に変わるカウチサーフィン(CouchSurfing)!使用歴5年の筆者が語る簡単な使い方と3つの魅力!

f:id:nocatch23:20190827154153j:plain

旅行や英語に興味がある方ならカウチサーフィンというアプリを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

世界中の人と出会いたい、安く旅をしたい、ローカルな体験をしたい、そんな人にとって旅先で欠かせない話題のアプリです。

ここでは、そんなカウチサーフィンの魅力に迫りつつ、その使い方を徹底解説していきます。

 

カウチサーフィンとは?

f:id:nocatch23:20190827153931p:plain


 

カウチサーフィンを一言で表すと、「宿泊先を探す旅行者と自宅で場所を提供できる現地の人を結びつけるマッチングサービス」

今や1200万人以上のユーザー数を誇る世界規模のコミュニティで、新たな旅のスタイルとして注目を集めています。

アプリの利用もホストへの宿泊も原則無料。旅行客としては泊めてもらう代わりに自国の文化や言語を教えるなど、相互交流を目的として成り立っています。

 

  • 金銭のやりとりが発生しない
  • 「出会い」「コミュニケーション」「異文化交流」をシェアする要素が強い

 

いわばホームステイに近く、民泊サイトやホテル検索サイトとは異なります。

 

海外旅行などをする人が、他人の家に宿泊させてもらう(カウチをサーフさせてもらう)という形式の相互的な思いやりや信頼による制度である。コミュニティーの軸にしたウエブサイトにて、プロフィール、身分確認制度、メンバー同士の評価等により、世界各地のメンバー間で連絡を取り相談の上で宿泊が決まる。 出展:カウチサーフィン - Wikipedia

ホストとゲスト(サーファー)

カウチサーフィンは主に2つの使い方ができます。

 

  • ホスト:旅行者を自宅に泊めてあげる人
  • ゲスト:宿を探す旅行者、サーファーとも呼ばれる

 

もちろん両方利用することもできます。僕は初めはゲストとして利用しました。出会いが増え、ローカルな生活に溶け込むことで旅が特別なものに。そこで、

「今度は日本に来てくれる外国人旅行客に喜んでもらいたい!」
と決心し、ホストも始めました。

 

もちろん「ホストはできないけど旅先だけで使いたい・・」という方もOK!

自身のステータスは以下の「Hosting Availability」で常に変更できます。また、ホストを探す際にも相手の受け入れ状況が一目瞭然。

 

f:id:nocatch23:20190827134841p:plain

 

  • Accepting guests(基本的にホストしてますよ)
  • Maybe Accepting guests(時と場合によってはできますよ)
  • Not Accepting guests(うちはホスト無理です)
  • Want to meet up(泊めてはあげられないけど外で会うのはオッケー) 

プロフィールとリファレンス

カウチサーフィンではプロフィールとリファレンスが重要な役割を果たします。

ゲストもホストもここでお互いの人柄や評価を判断し、泊めて欲しい人、泊めてあげたい人を決めます。

 

あなたがホストだとして、2人から同時にリクエストを受けたとします。

2人ともリクエスト文は好印象。しかし、

1人はプロフィールが2~3行のみでよく分からない。

もう1人は全ての項目を記入していて合いそうな点も見つかった。

 

さて、あなたがどちらをより泊めたいと思うかは明白ですよね?

プロフィールは、自分を知ってもらう重要なツールとして、なるべく詳細に記入しましょう。

 

リファレンスはお互いを事後評価しあう項目です。いわば口コミ。

滞在が終わった後に、どんな人だったか、他の人にお勧めできるかなどを書き記します。

良い評価を受けている人ほどよりホストが見つかりやすい、リクエストを受けやすいメリットを得られます。

 

まだ利用し始めたばかりでリファレンスが無い・・という人こそプロフィールを充実させたり、リクエストでアピールしましょう。

ただしリファレンスが無いと絶対断られるというわけでは無いのでご安心を。

 

僕のプロフィールを参考までに載せておきます。

https://www.couchsurfing.com/people/hiroki-komori

 

カウチサーフィンの魅力 

カウチサーフィンを実際に使ってみるとたくさんの魅力に気づきます。

僕が最も感じた3つの魅力をご紹介します。

人との出会い

カウチサーフィンを使いながら旅をすると、気づけば世界中にコネクションが広がるでしょう。

たとえ短い期間でも交流を深めるにつれ、紛れもない一生モノの友人になることも少なくありません。

 

4年前にベトナムでホストしてくれたカップルは、先日ベトナムを再訪したときもまた快く泊めてくれて嬉しい再会を果たしました。

 

ドイツではかつて日本で泊めてあげた友人を訪ねました。恩返しにと、今度は彼らに泊めてもらい、家族や彼女、友人とも仲良くなりました。

 

f:id:nocatch23:20190827154347j:plain

f:id:nocatch23:20190827154507j:plain

普通の観光旅行では、このような深い友情を生むのはかなり難しいです。カウチサーフィンを通じた人との出会いは間違いなく旅を充実させてくれます。

ローカルでディープな旅体験

カウチサーフィンでは、旅先に住む人にお世話になるため他の観光客が経験できないような一味違う旅行が楽しめます。

 

  • ガイドブックに載っていない場所に連れて行ってくれる
  • 地元の人と同じ目線で町巡りができる
  • 地元の人のみぞ知る美味しいレストランやバーに行ける
  • 家庭料理や生活スタイルなどその国のリアルを覗ける

 

僕の一番楽しみは、ホスト行きつけのローカルレストランやバーに行くこと。

 

海外旅行では、地元の常連さんで混み合っている場所だったり、入りたいけど入りづらい店に躊躇した経験がある人も多いのではないでしょうか。

入りやすい観光客向けの店ほど、味の割に値段が高かったりします。

 

現地を知るホストといることで、一人では見つけられなかったり入りづらかったであろう店で、どっぷりとローカルな雰囲気を味わえるのも醍醐味です。

 

f:id:nocatch23:20190827155013j:plain

f:id:nocatch23:20190827155214j:plain

何より地元の人が言う美味しい店には外れがありません!

他の観光客が知らないグルメスポットを知れるちょっとした優越感も感じるかもしれませんね。

宿泊費が無料

あくまでも交流や思いやりの精神で成り立っているカウチサーフィン。しかしながら、無料で宿泊ができるメリットは否定できません。

旅費の中でも宿泊費は大きなウェイトを占めます。カウチサーフィンの利用によって浮いた宿泊費を別のアクティビティや食費に回せるのは、かなり大きいです。

 

僕は1か月間のヨーロッパ旅行中、カウチサーフィンのおかげで、ホステルに泊まったのは7日間のみで済みました。単純に3週間分の宿泊費を節約できたことに。

まとめ:カウチサーフィンしながら旅しよう!

いかがでしたか?今回はカウチサーフィンを始める際に知っておきたいちょっとしたコツとその魅力をお伝えしました。

 

・ホストとしてもゲストとしても使える

・プロフィールを充実させると受け入られやすくなる

・相手を選ぶ際はリファレンスをよく参照する

 

また、カウチサーフィンの3つの魅力として以下を挙げました。

 

・世界中の人とたくさんの「出会い」に恵まれる

・旅先でよりローカルな体験ができる

・もちろん宿泊費も抑えられる

 

カウチサーフィンは新たな旅のスタイルとしてとてもオススメです!

ぜひ皆さんの旅がカウチサーフィンでの出会いを通じてより良いものになりますように!

 

もっと詳しくホストを探すコツや断られなくなる方法を知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

nocatch23.hatenadiary.jp