こも旅。

20代バックパッカーの旅記録とトラベルハック

気軽に外国人の友達ができる!カウチサーフィンのハングアウト体験談&徹底解説!!

f:id:nocatch23:20190827153931p:plain

 

世界中で旅人と現地の人を結びつけるマッチングサービスとして有名なカウチサーフィン。元々は、旅先で現地の人の自宅に宿泊し、交流を図ることを目的としたサービスでしたが、今やカウチサーフィンの機能はそれだけではありません!

 

「いきなり泊まる、もしくは泊めるのはちょっと、、、」

という人でも十分楽しめちゃいます!

 

今回は気軽に外国人の友達ができる機能、ハングアウトについて僕の体験談も交えながら徹底解説していきます!

 

 

カウチサーフィンのハングアウト(Hangouts)とは?

 

「Hang out」は一般的なスラングの一つで「外をぶらぶらする」「集まって過ごす、遊ぶ」という意味で使われます。

つまり、お互い宿泊を望んでいるわけではなく、気楽に好きな時間に誰かと知り合いたいなと思う人同士を結ぶ機能です。

 

具体的にはこんな人にオススメ!

 

  • 外国人と知り合いたい&話したい
  • 1人で観光するより、同じ観光地に行く人と繋がりたい
  • 旅先で気軽に飲みに行ける人を見つけたい
  • 泊められないけど旅行客を案内してあげたい
  • 1人旅同士で集まって仲良くしたい
  • ちょっとした暇つぶしに誰かと喋りたい

 

僕は何回もハングアウトを利用していますが、こんな感じの人が多かったです。

旅先であろうと、自宅周辺であろうと、いつでも気軽に利用できるのがポイント。

 

ハングアウト(Hangouts)の使い方

 

f:id:nocatch23:20190827232030j:plain

 

実際に気軽に会うとは言っても、どのようなステップが必要なのでしょうか。

ここからはハングアウト(Hangouts)の使い方をご紹介。

 

会うまでの流れ

①何をしたいかを入力します

 

f:id:nocatch23:20190907222333j:plain

 

デフォルトで

「I want to exprore the area」(周辺を散策したい)

となっていますのでこのままでも結構ですが、I want to〜の後は自由に入力することもできます。

 

 

僕はサッカーが好きなので、スペインにいた時は「バーで一緒にサッカーの試合見たい人?」と投稿し、共感してくれたスペイン人とスウェーデン人と知り合いました。

 

f:id:nocatch23:20190907222513j:plain

 

②「Become Available」をタップ

 

f:id:nocatch23:20190907222347j:plain

 

やりたいことを決めたら青い部分「Become Available」をタップします。

すると他のハングアウト希望の人のリストが見れるように。

他の人の画面にも自分の情報が載ります。

 

③良さそうな人を探し「Say Hello」をタップ

 

f:id:nocatch23:20190907222425j:plain

 

 気になった人を見つけて青い部分「Say Hello」をタップします。

「あなたに興味がありますよ〜」という意思表示になります。

 

④相手がオッケーすれば、チャットで連絡を取る

 

通知を受け取った相手が応答すれば見事マッチング成立!

詳細な待ち合わせを決めるためにチャットやりとりができるようになります。

 

さらに他の人が「Say Hello」を送ってきて承認するとその人もチャットに参加できるようになります。

 

ハングアウト(Hangouts)を使いこなすポイント

 

f:id:nocatch23:20190908123825j:plain

 

旅先でハングアウトを試し続けたからこそ分かったポイントは以下の通り。

 

  • 自分から積極的に「Say Hello」を送ってみる
  • マッチングしたら速やかに待ち合わせ時刻や場所を提案
  • 自分が何をしたいか明確に載せておく

 

気軽に使えるぶん「とりあえずオンにしておこう」と受身の人も結構多いです。

本当に利用したいなら自分からサクッと「Say Hello」をタップしちゃいましょう。

送っても全員から反応が返ってくることは稀だからです。

 

さらに、マッチングしてから会うまでも大変です。

自分は今すぐどこかに出かけたくても、相手はそうではないかもしれません。

チャット上に人が集まるほど、皆が自分の状況だけ言い放って話がまとまらず、ハングアウトが破談することもしばしば。

 

上に挙げた「周辺を散策したい」など曖昧なテーマほどこれに陥りやすいです。だからこそ、最初から自分オリジナルの「Want」を貼り出し、共感してくれる人とだけ連絡を取るとスムーズに行きやすいですよ!

 

f:id:nocatch23:20190907222800j:plain

 

実際に使ってみた!体験談

 

僕は1人旅をしていて1人でつまらないなと感じた瞬間、何度もこのカウチサーフィンのハングアウトでの出会いに助けられました。

 

それぞれの地で、違う環境で育ち、違う価値観を持った人と出会えること自体刺激的ですし、1人でいるよりも誰かと感動を共有したり、同じ時間を楽しんだ時の方が思い出に残ったりするものです。

 

マレーシアで会った彼は、車が大好きなエンジニア。

地元民らしく周辺土地のガイドはお手の物といった感じで、計6か所もの観光スポット&飲食店に連れて行ってもらいました。

 

夕方に会ったのですが、話が盛り上がり意気投合。

気づけば長年の友人のように日付が変わるまでお酒を飲み交わしました。

 

f:id:nocatch23:20190907223212j:plain

 

 

タイのクラビでは同じく1人旅をしていた19歳のドイツ人と知り合いました。

夜にビールでも一杯という感じで待ち合わせしたのですが、お互い翌日もクラビにいるとのことで、次の日も一緒にビーチで過ごしました。

  

f:id:nocatch23:20190908105453j:plain

 

一期一会を楽しむもよし、フィーリングが会って仲良くなればまた会うのもよし。

気軽に融通が利くのがハングアウトのいいところです。

 

 

しかも、彼とはクラビで別れた2か月後、なんと今度はドイツで再会!

僕がちょうどドイツを旅していた時に、彼はタイ旅行を終え帰国していたんです。

 

 

「数ヶ月の間で違う大陸で再会するなんてめちゃくちゃクールじゃん」

 

なんて言いながら、彼の地元では快く自宅に泊めさせてくれました。

 

こんな感じでハングアウトの出会いから将来のホストが見つかることも稀にあります。

 

f:id:nocatch23:20190907223445j:plain

 

 

最後に、こちらはチェコプラハのビアガーデンにて。

プラハには、昔日本でカウチサーフィンで泊めてあげたヨナスという友人が住んでいました。この前日までは、当時のお返しとして彼が僕を泊めてくれました。

 

最終日は1人で過ごしていたのでハングアウトを利用。

そこでたまたま知り合ったのが写真の彼。

f:id:nocatch23:20190907223858j:plain

 

数分話した後、じーっと僕の顔を見つめて一言。

 

 

 

 

「お前、もしかしてヨナスってやつ知ってる・・?」

 

 

 

なんと彼もヨナスの友人らしく、ヨナスがSNSの投稿に僕を写したのをなんとなく覚えていてまさかと思ったのだとか!

 

世間の狭さに驚きと笑いが止まらず、こんな偶然の出会いをして話が盛り上がらないわけがありません。

 

カウチサーフィンのハングアウトのおかげで、最後の最後まで旅が充実したものになりました。

 

まとめ:旅先でも日本でも気軽に使いこなそう!

 

好きな時間に気軽に利用できるハングアウト(Hangouts)。

GPSの位置情報をもとに、自分の周辺にいる人から表示してくれるので旅先でも、自宅の周りにいる外国人を探すのにも非常に便利です。

 

会ったことがない人同士なので、チャットで待ち合わせなどのコミュニケーションをとるのが難しいこともありますが、旅先でいろんな人と出会いたい人や、日本にいながら英語の勉強も兼ねて外国人と知り合いたい人まで、良いきっかけになるツールであることは間違いありません。

 

僕もこれからはホストするのが忙しい時でも、なるべくハングアウトを通じて、日本に来てくれる外国人旅行客の思い出作りの手助けができればと考えています。

 

皆さんもそれぞれの目的や思いを胸に、カウチサーフィンをとことん使いこなしてくださいね!

 

 

カウチサーフィンに関する他記事はこちらから 

nocatch23.hatenadiary.jp

 

nocatch23.hatenadiary.jp

 

nocatch23.hatenadiary.jp