こも旅。

20代バックパッカーの旅記録とトラベルハック

【マラガ・ひとり旅】スペインが誇る美しすぎる港町、マラガの魅力に迫る3日間ひとり旅!見どころまとめ

f:id:nocatch23:20200211100642j:plain

 マラガはどんな街?

スペイン南部・アンダルシア地方の港町、マラガ。温暖な気候で地中海に面するビーチリゾートでありながら、歴史建築物も注目を集めたりと、さまざまな魅力溢れる観光地です。

今回は、ひとり旅の最中、3日間でマラガを満喫した様子と、マラガの街並みや景色、歴史を感じられる見どころをお届けします。 

 

 

マラガの見どころスポット4選

f:id:nocatch23:20200203193814j:image

 

マラガはスペインで5番目に大きな都市と言われながらも、実際はコンパクトで非常に短期間で観光がしやすい街です。

ビーチでくつろいだり、旧市街でショッピングや食事を楽しんだり、美術館や歴史スポットを探訪したり。

見どころや楽しみ方は色々なのでご自身の目的に合わせて回ってみましょう。

以下は僕のマラガ旅見どころスポット4選です。

是非ご参考にしてください。

 

 

①アタラサナス市場

f:id:nocatch23:20200203193702j:image

 

マラガは地中海の港町だけあって、レストランやタパスバルのシーフードが絶品!グルメが旅の目的の大部分を占める僕としては、まずこの市場に来るのがマラガ旅の楽しみでした。

 

ここ、アタラサナス市場は毎朝、魚や野菜が集まり量り売りされているマラガ市民の台所。飲食店も併設されており、観光客と地元民で毎日賑わっています。

  

 

超人気店でシーフードフライを食べよう!

その中でも一際人気を集めるのがこちらのお店!

f:id:nocatch23:20200203193650j:image

 

シーフードのタパスが美味しすぎると評判で、バーカウンターは昼前から立ち飲みを楽しむ人達でびっしり埋まっています。笑

外にもテラス席があるので自分から店員さんを捕まえて案内してもらいます。

 

メニューはシーフードがずらっと!英語も書いてあるので安心。

f:id:nocatch23:20200203193427j:image

 

中でも是非食べて欲しいのが一番上の「Mixto Pescado」シーフードフライミックス!小イワシ、エビ、イカ、タコのフライが一皿で味わえます。しかもたったの6ユーロ。

 

ついでに貝のパエリアも注文しました。 

f:id:nocatch23:20200203193441j:image

 

イワシはサクサク&ホクホクで程よい塩っ気が最高。。

エビ、イカ、タコは文字通りプリップリで旨味がジュワッと。。

 

昼からビールが止まりません。笑

 

たかがシーフードフライ、されどシーフードフライ。

素材が新鮮なのがよく分かる圧巻の美味しさでした!

 

パエリアも美味しかったです。

是非この店でマラガのシーフードをご堪能あれ!

 

f:id:nocatch23:20200203193804j:image


 

②アルカサバ(マラガ砦)

f:id:nocatch23:20200203194310j:image

 

城壁を意味するアルカサバ。旧市街のモダンでお洒落な通りの近くに突如、大きな歴史建造物が姿を現します。スペインの歴史を語る上では欠かせないイスラム統治時代に築かれました。後にご紹介するヒブラルファロほどではありませんが、中を進むとマラガの街並みと地中海を一望できますよ。

 

入場チケット(ヒブラルファロとのセット料金で3.55ユーロ)を購入し、さっそく中へ。 

イスラム統治時代の要塞を探検!

決まった道筋があるわけではないので、どこに進むも、どんな景色に出会うもあなた次第!

砦や建築の独特な雰囲気も相まって、探検しているような気分になります。

f:id:nocatch23:20200203193420j:image

 

砦だけあって見晴らしは抜群。海岸沿いのビル群や闘牛場もよく見えます。

5〜6月のシーズンに訪れたので、ジャカランダという紫の花も綺麗。

f:id:nocatch23:20200203193736j:image

 

そんな街並みとは対照的に、異世界に迷い込んだような細い通路。

なんだかワクワクしちゃいますね。

f:id:nocatch23:20200203193721j:plain

 

気づけば行き止まりに。右手にある道がヒブラルファロまで続きます。
f:id:nocatch23:20200203193645j:image

 

中には緑に癒される中庭や博物館のコーナーもあります。

ゆっくり回りながらアルカサバの歴史や空気を感じてみてください。

③ヒブラルファロ

f:id:nocatch23:20200209143152j:plain

 

アルカサバよりさらに高いところに位置するのがヒブラルファロ。

14世紀に建てられた城で、マラガのパノラマビューを楽しめる絶景スポット!

これまでも色んな城壁を見ましたが、やはり高台からその街を守ってきた姿はどこに行っても偉大です。

城壁をぐるっと歩きながら一番お気に入りの景色を探してみましょう。

急坂は登る価値あり!海と山を両方見渡す絶景

f:id:nocatch23:20200203193717j:image

 

ヒブラルファロまでは長い坂道を登る必要があります。

バスも通っているようですが、あくまで個人的には歩いて行くのがいいと思います。 

少しずつ景色が変わるのさえ楽しいですし、少しくらい苦労した方が到着した時の感動もひとしおです。

実際、城壁からの絶景はその価値ありと感じました。

f:id:nocatch23:20200209150634j:plain

f:id:nocatch23:20200209145349j:plain

 

海側の展望台も最高です。

マラガの街と、空より青く感じる海が広がります。浜風も感じられて本当に気持ちいいですよ。

f:id:nocatch23:20200209145139j:plain

 

④プラヤデラマラゲータ 

f:id:nocatch23:20200209160622j:plain

マラガに来たならやはりビーチも外せない見どころスポット。

ヒブラルファロのふもとからベイエリアへ進むと、3kmにもおよぶビーチが。その名もプラヤデラマラゲータ。

マラガは1年を通して温暖な気候に恵まれており、暖かな日差しとヤシの木が南国ビーチリゾートを連想させます。

市街地からの徒歩圏内にこんな広くて綺麗なビーチがあるなんて羨ましい。。 

スペイン有数の美しいビーチでのんびり過ごす!

f:id:nocatch23:20200209160639j:plain

 

ゴロンと砂浜に寝転がって、読書をしたり、ひたすら昼寝をしたり。

時間がゆっくり過ぎていくような「何もしない幸せ」て良きですよね。

 

ビーチの周りはシーフードのいい匂いがしてきます。

 

「食べて飲んで寝て」しかしてない。。笑

f:id:nocatch23:20200106222001j:plain

 

もちろん、海水浴をしたりボール遊びをしたりアクティブにも楽しめますよ。 

夏場はサマータイムの影響もあり、20時でも明るいのですが、夕方以降は海に入る人は少なくなります。

まとめ:2、3日の旅でも十分楽しめるマラガ

f:id:nocatch23:20200203193657j:plain

 

マラガはひとり旅でも数日間でも楽しめる、魅力がぎゅっと詰まった街です。

こんな可愛らしい路地もありました。

他にもピカソの生家や美術館などもあり見どころ満載です。

 

  • アタラサナス市場の新鮮なシーフードがおすすめ
  • アルカサバとヒブラルファロはセット料金でお得に
  • どちらも砦の迫力とマラガを一望する絶景は必見
  • 広くて綺麗なビーチでのんびり過ごそう

 

マラガは暖かくて、のんびりできて、ご飯も美味しくまた訪れたいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

みなさんの旅の参考になれば幸いです。